神様が書かせた本って、あるかも…伏見稲荷と霊能者

 

去年の12月30日に伏見稲荷大社にお参りして

その只ならぬムードに驚嘆した金太くん。

 

昨日本屋に行ったら、まるで光っているかのように

目に飛び込んできたこの本。

素通りできないカンジで、買っちゃいましたが。

 

やはり、もう疑わないけど、神さまを感じました。読んで。

この本は、伏見稲荷に生涯仕えた

希代の霊能者、 砂澤 たまゑ の密着取材のようなドキュメンタリーです。

 

この本は、作中、神様が、この作者を選んで

この本が世に出るように働きかけているという話が出てきますが。

そのとおりな気がしてます。

 

こんな気がした本は

アナスタシアという、覚者の本以来でした。

 

なにぶん、神様を取り扱った本なので

あまり内容をここで書きたくない。

きっと、本の方が読む人を選ぶのでしょうね。

 

面白かったですよ。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年1月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:不思議な話

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ