オプシーボってすっごく高い薬が、国家財政を破綻させかねないの、知ってる?

%e8%a3%bd%e8%96%ac%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e9%97%87

 

小野薬品の、オプシーボっていう薬、

ヒトの免疫力をアップさせて、癌を攻撃する新しいタイプの薬。

 

すっごく値段が高い。

60キロの人が1年間使うと、3500万円かかるって。

それだけなら、ああ、お金持っている人しか使えないんだ、と

思うかもしれませんが。

 

オプシーボはなんと、保険適応だというのが問題。

つまり、窓口で患者さんが負担する分は、

高額療養費制度を使えば、

最高8万円~9万円くらい。平均的な所得の人で。

 

だから、薬剤費の残りの3000万以上を

皆が収めた保険料で賄うと…

そんな患者さんが、沢山いたら、今でさえ医療費が

国家財政を逼迫しているのに、大変でしょ?

 

このオプシーボ、海外では、

米国は約29.8万円、英国は約15万円です。

日本では、73万円。

異常な高さでしょ?

 

なんでこんな変な価格になったかというと。

薬価を決めるシステムが、日本は不健全なのです。

企業のプライバシーを守るため

薬価を決定する手続きの多くの部分が非公開なのです。

 

むかしから、官僚や医師、政治家に対する

製薬会社の接待は、度を越していまして。

賄賂っぽいイメージが強かった。

 

官僚は、自分達の天下り先を確保するため

企業にできるだけ恩を売っておきたいという本音もあります。

 

オプシーボは最初

メラノーマ、皮膚科のビョウキでの適応が認可されました。

その病気の人は、絶対数が少ないので

1人あたりの薬価をかなり高くしないと、開発費が回収できない、

ということで、高額な価格が認可されました。

 

しかし、すぐ、保険適応が

肺がん、胃がんにまで拡大されたため、

薬価を決めるのは2年に一回と決められているので、

その間、大変だ、ということになり、

 

今、薬価を引き下げるための

臨時手続きが取られています。

 

こうなると、最初、皮膚科で保険適応を認めさせたのも

小野薬品の戦略だった気がします。

 

ここまできて、普通なら、国家財政が破綻したら大変だ、

そんなのすぐ、薬価を下げさせろ、という気持ちになりますでしょ?

 

だけど、製薬会社の猛反対があって

そう簡単にいかないのです。

企業の利益も、法的に守られなくてはいけないから。

 

企業の言い分では、

一端決定したことを、カンタンに変更していたら、

企業活動にとって不健全だというのです。

 

この一件をみても

企業というのは、自社の利益を、猛烈に追及するのが

「健全な」体質なのです。

 

それを、抑えて、国民全体の事を考えるための

チェック機関が、上手く機能していない。

 

皆さんはどう考えますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年11月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康な話

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ