カルラ舞う30周年記念アニバーサリー!!不動様に導かれて

%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%a9%ef%bc%92%ef%bc%93
 

金太くんは、永久保貴一さんの漫画大好きで。

以前、何度か記事に取り上げたくらいです。

気とか、視えない世界のこととか、とても面白いでです。

 

その永久保さんの代表作「カルラ舞う」が30周年記念というので

原画展とトークショーがありました。

 

たまたま、予定がなかったので行ってきました。両方。

いや、たまたまではないかもしれない。

 

金太くんは、夢に不動様が出てきて以来

やたらと不動様と縁をいただいてますけど。

今日のトークショーも目黒の不動尊で行われました。

 

トークショーの前にお不動様に護摩壇で

捧げる、仏事がありまして、

やたらと音楽的で、良かったです。

 

太鼓のリズムがいいし

ロックコンサートのようでした。迫力があって。

聞けば、目黒不動尊は、関東でも最大級のお不動様で。

12年に一度、酉年に1200年もののお不動様がご開帳されるとか。

 

来年、酉年ですものね。

ちょうどいいタイミングで、知りました。

今年はホントにこんなことが多く、

知らずに行った、寺院仏閣に、お不動様がいらっしゃる。

 

江の島も、龍神さまが祀られているかと思えば。

立派なお不動様がいらしたし。

川崎大師にも、立派なお不動様がいらしたし。

知らずにいったん帰りかけたら、

「もうちょっとまて」と頭の中にそういう気分が湧いてきて。

しばらくしたら、大変功徳がありそうな、法事が始まりましたし。

 

そう、それに蝶々に導かれます。

金曜日にトークショーのチケットを買いに行ったら

住宅街で2回も黄色い蝶々をみかけました。

 

それで肝心のトークショーですけど。

メチャクチャ面白かったです。

 

永久保さんの漫画が好きな方なら

「えっ」と驚く方がゲストでいらしてました。

ここにはどなたか書けませんが。

その方の話が素晴らしく面白かった。

 

それに目黒不動尊の副住職さんも、

とても明るいキャラクターで、ほんとに楽しい方でした。

 

なんでも、落語のルーツは

お坊さんの法話であるそうで。仏教と落語の

専門用語には共通点が多いのですって。

 

「高座」とかね。

そして法話は、聞いている人が眠くなるようなモノは

ダメだと。笑いが起こるくらいがいいんですって。

 

そうそう、漫画に出てくる

永久保さんの奥さん、とっても雰囲気美人さんでした。

娘さんも、何か高貴なカンジで。

お二人とも霊能力が高いかたなのです。

 

永久保さんのトークで面白かったのは。

カルラのイベントでは、雨が降ることがない、ということでしたが。

さるゲストさんのいうことには。

「雨が降るのは、龍が空を舞っているからなのですが。

カルラは、その龍を食べる神様なので、永久保さんのイベントでは

カルラが一緒についてくるので、龍が逃げるか、食べられちゃうかしちゃうので

晴れるのでしょう」ということでした。

 

他にもいっぱい面白い話が聞けましたが。

又、次の機会に。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ