書家は、綺麗な方が多いのかな…岡西佑奈さん御存じ?

%e8%8b%a5%e5%86%b2%ef%bc%91

 

この題字を書いているのが岡西佑奈さんです。

キレイな方です。こんなカンジ

%e5%b2%a1%e8%a5%bf%e5%84%aa%e8%8f%9c

書作品は

転載禁止なので載せませんが。

 

岡西佑奈さんの作品は

パーソナルから出たもので、技巧的でも

どっかでみたようなものでもありません。

 

書道をやると

どうしても伝統的なもの、つまり

インパクトはないけど、実際自分で書くとよくわかる

「隠れたむずかしさ、美しさ」に落ち着いちゃう傾向があるのです。

 

音楽でもクラシックは

実際人に聴かせられるlevelに達するには

すごい修行が必要ですが。

 

インパクトはないでしょ?

 

かといってインパクトのありすぎる音楽

ジミヘンドリックスとかは

面白いけど、好きな人がかぎられますでしょ?

 

書道でも

伝統的になると、退屈なカンジは否めないです。

分かる人にしか、解からない。

 

かといって

インパクトを求めすぎると

見る人に媚びるような

歴史に風化せず、残ってきた美しさからは

遠ざかっていきます。

 

伝統的な美しさと、衝撃的な美しさは

水と油であり、

融合は難しいのですが。

 

岡西佑奈さんの書を見ると

クラシックとジミヘンが融合したような

不思議な調和が感じられると思います。

 

金太くんは、今、この岡西佑奈さんの書に

大変注目しております。

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年10月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:金太ッ記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ