野口裕也さんのシークレットオブゴールデンフラワー

ポプリホール
 

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

 

今日、仕事の合間に

あわただしく野口裕也さんにクンルンのプラクティスを

ご教授していただきました。

 

金太くん、いろんなところに行くのが大好きなので

エクササイズだけでなく

その時々の場所がどんなところか

楽しみ。

 

今日、行った鶴川というところは

小田急線沿い。

いきものがかりの歌詞じゃないけど

小田急線沿線の街、好きなのです…

 

駅の中の蕎麦屋とかも好き。

他にも、ちょっと食いたくなるような食べ物が沢山

売ってますね。フランスバター塩のたい焼きってどんなのだろう…

 

今日行った和光大学のポプリホールというところは

若い学生さん、小学生とかもいて

好きなムード。懐かしいね。

 

エクササイズルームは、見晴らしがよく、素敵な眺めでした。

普通の街並みも、そう高くない小山もいいものですね。

 

肝心のエクササイズ。

う~ん、気持ちよかったけど

グループエクササイズだから、ちょっと自分の欠点が見えてこなくて

もっと、ずばずば、言ってくれてもいいのですが。

 

今日の収穫は、

クンルンネイゴンのポーズを

まだ準備が整ってない人がやってみても。

効果なし、時間の無駄、ということが分かったこと。

 

まず、深い呼吸が出来るカラダ。

これがクンルンの出発点だそう。

又、現代人は昔はなかった環境汚染物質で

カラダが汚れているので

浄化もしなければならない。

 

肉体の変容をも含むクンルンの秘儀は、

イージョン、これは、ケツひっこめて立っているだけ。見た目には。

ワンブレス、これは、吸うのと吐くのの境目をなくすだけのこと、パッと聞きには。

この二つを数十年やって極めた人が

とって初めて意味のあるポーズなんだそう。

 

現代人のさび付いた肉体と精神をもって

やってみても、いきなり、漫画みたいに覚醒は出来ない、ということ。

 

もし、数十年の修行で、クンルンのレベルが高くなっても

ほんとに微細な変容なので

 

クンルンの先生、師匠の指導は、常に必要である、

ということです。

 

まあ、ただ、とても気持ちのいいものですので

やってみるのはお奨めします。

 

結果としてはやく効果が見えてきてほしいひとには

気功のエネルギーのほうがいいということ。

 

金太くんでした。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年7月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:不思議な話

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ