奇妙な色の空と、美しすぎる光…

ちえさんの写真
 

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

 

光の画家、チエさん、このお方は完全無欠にサイキックなのですが、

上記の写真はルルドの泉に行ったときに

撮った写真なのだそう。

 

???????

意味わからんけど、ピンクっぽい光がさしているところが

まさにルルドの泉なのだそう。

 

芸術家の方は不思議な力がある方が多いのですが。

 

漫画家の伊藤三巳華さん。

霊能力が欲しくて修行?を幼いころされたそうですが。

夢で、赤ん坊を抱いた、中性的な和服の男性が出てきて。

「そんなにみたいなら、みれるようにさせてやろう」

とその男性が言い、

赤ん坊の口を手で裂いて。

その血を三己華さんに注いだそう。

 

びっくりして目が覚めた、その朝。

何故か世界がいつもと違うカンジがして。

玄関を出ると。

 

ピンク色の空が見えて、誰もいなかったそう。

気味が悪くて

玄関のドアを一旦閉めて。

又ドアを開けると

普段通りの青空が広がっていて、ほっとしたそうですが。

 

それ以降、霊が視えるようになったそうです。

オルタパンチという会社の社長さん

三己華さんと同じく霊がみえるのですが。

 

やはり、ピンク色の空がある世界に

行っちゃったことがあるそうです。

 

絶対、夢ではなかったそうです。

その社長さんは、それ以降、絶対視覚、

見たものすべてを記憶してしまい、

忘れることが出来ない病気にかかり、

死にかけたそうです。眠れなくて。

 

その話の詳細は怪眼(かいがん)という漫画にのっていますが。

開眼

 

…チエさんのみた、この紫ピンクっぽい空はなんなのでしょう…

 

不思議ですね、金太くん。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年6月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:不思議な話

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ