耳をひっぱるだけで、神秘プラクティス?

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

 

金太くんは、以前クンルンネイゴンのKanさん

のお話会で話題になった

仙骨と蝶形骨の関係がちょっと気になっていました。

 

仙骨は常に微振動していて、それが脳の中にある蝶形骨に伝わり、

蝶形骨も微振動するしかけになっています。

この図が蝶形骨です。

蝶形骨

しかし、現代人は、蝶形骨が、さび付いて上手く振動していないと。

そんなお話でした。

 

そして、蝶形骨が上手く振動しないと

松果体も上手く機能しないと。

 

松果体が上手く機能すると、なにやら神秘的な能力が

発揮される、ということですが。

 

お話はそれだけで、どうやれば

蝶形骨を上手く振動させられるか、という方法は教えてくれませんでした。

 

よしんば、教えてもらっても、金太くんには出来ないかも、と思っていたのですが。

 

最近、耳のツボを押さえて引っ張るだけで

仙骨の振動を上手く蝶形骨に伝えることができて。

 

松果体の活性化にも効果があるのでは、

という方法をしりました。

 

とてもシンプルな方法だそうで、これなら金太くんでもできるかも。

 

その耳つぼというのは「神門」というそうです。

このメソッドについての著作が発売されました。

動画を貼りつけときます。

この動画では、健康にいい、というふれこみですけど。

神秘学的なバックグラウンドはあるのです。

 

このメソッド、Kanさん的に分析すると。

神門のツボを引っ張ると

イダとピンカラというエネルギーラインが活性化し

 

仙骨のエネルギーが蝶形骨に伝わるそうです。

井だとピンカラ

著者の飯島先生は、

八王子の仙骨の専門家のところで、このメソッドのヒントを得たとか。

この八王子の方は、完全に神秘主義的な力を持ったお方のようです。

 

金太くんって嘘つかない。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年6月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:不思議な話

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ