黄金の畑プロジェクトパート2、プレイバックしたい~

原村2
 

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

 

昨日、又八ヶ岳に畑作業に行ってきました。

玉蔵さんの黄金の畑プロジェクトですな。

帰って来たら、何故か、

足の筋肉が笑う。くすぐったい。

 

こりゃ、たまらん、さっさと寝てしまおう、と思って

翌くる朝。

「いつもより、ひげが伸びてないなぁ…」

体調がヘンだぞ?

 

こ、こりはひょっとして。

「高山病というやつでは…」

よく、考えてみれば、借りている畑、標高1100メートル位のとこだから…

 

「ちょっとだけ高山病」

 

山口百恵の歌詞のような状態になりました…(そんな歌詞あるかい!)

山口百恵

 

まぁ、たいへん楽しかったのですが。

とにかく、我らは、無計画で。

 

金太くんてっきり、畑のオーナーの浅川さんが、

プールの監視員みたいに見ていてくれるのかと思ったら。

辺り360°のパノラマに、浅川さん、見当たらない。

え~呼んでないの~?

 

すると、みんないきなり、畝(うね)を作り始めて。

畝

誰~も、畝の、上手な作り方知らないんですよ。

「どははは、楽しい~」って具合で。

 

5つか、6つ、出来上がったところで、

その場に居合わせた、

同じく浅川さんの畑を借りている、賢者のようなおばちゃんが。

 

「浅川さん、電話すれば、すぐ来てくれるわよ~」

と教えてくれました。

 

たぶん、我々が、余りに畑の常識を知らない

畝の作り方をしていたので、

気の毒になったのかな。

 

おばちゃんの目には、我々が

お砂遊びをしている幼稚園児のように見えたのでしょう。

砂遊び1

午前中の畝を作り終えて

ランチをしたのですが。

「16年、6月6日に地震がくるんぢゃ…」とか

「ロックという、八ヶ岳の喫茶店は、ロックフェラーがオーナーだ」

とか、そんなんばっかり。気が付けば午後3時頃に。

 

あと2時間くらいしか作業できないやん。

万時がこんなカンジ。

今、いっときますが。

真面目に畑作業のイロハを覚えたければ。

玉蔵さんの黄金の畑プロジェクトは駄目です。ハッキリ言っときます。

 

金太くんは、ゆる~くやるのも認めるので。

人は、とりあえずやってみて、あとでどんなに愚かだったか

思いしるほうが。結果的に、なんでも骨身にしみていいからです。

 

畑に戻ると、午前中のおばちゃんが多分

「めちゃくちゃやってる気の毒な人達がいる、教えてあげてください」

と呼んでくれたのでしょう、オーナーの浅川さんがいました。

 

結果。

畝、と畝の間隔が狭い。

畝が高すぎる。

マルチの張りかたが、まるで駄目。

マルチというのは、畝にかぶせるビニールで。

保湿、保温してくれるものです。

これがないと、今からトウモロコシを植えても、収穫は出来ないそうです。

 

ということでした。

畝が高すぎると、溝のところに雨水がたまって。畑全体が崩壊する。

高すぎる畝にマルチを張ると、風で飛んで行ってしまう。

マルチが飛んで行ったら、今日の作業はすべてが水の泡。

ということでした。

 

とにかく、畑は一区画が出鱈目なことをすると

他の区画にも影響を及ぼすので。

指導者の元、行いましょうね。

 

究極超人あ~るのような、ほのぼの、ゆる~いカンジが好きな人

究極超人

玉蔵さんの畑プロジェクト、お奨めです。

とにかく、スピリチュアル系という人達は、足が地についてないので。

計画的な人は、絶対やめましょう。

激怒しますよ、こんなん。

 

金太くんは、ゆる~いのは好きですが。

古来から伝わる畑作業の智恵、を学びたかったので。

出鱈目にやるのは、不本意でした。借りている土地だし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年5月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:金太ッ記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ