スタバの珈琲が何故、町の個人経営喫茶店ほど美味しくないのか?

星のコーヒー
 

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

 

つい先日、ヨガの成瀬雅春先生に

瞑想の手ほどきを受けてまいりましたが。

成瀬修行

その際、

瞑想能力が上がってくると

こーゆーことの分析能力も上がる、ということを

成瀬先生がおっしゃってました。

 

どういうことかというと。

「今、昔ながらの個人経営の喫茶店って少なくなってきてますけど、

そーゆーところで飲む珈琲って、今のスタバとかの珈琲よりも、

遙かに美味しいですよね。

 

スタバも、美味しくしようと、色々工夫しているけど

昔ながらの喫茶店の珈琲が

どんなにカルキ臭い、よくない水を使っていようが、

店主の淹れ方があまり、良くなくっても

美味しいですよね。

 

何故かわかりますか?」

 

瞑想能力が上がると、こうゆうことの分析も出来るように

なってくると仰るのです。。

 

ということです。

皆さんもレッツ、シンキング!

どうでしょう、わかりましたか?

 

成瀬先生が、おっしゃるには、

スタバとかは、

「管」を

作るとき通してしまうから、だそうです。

 

一回一回、管を洗ったりすれば、違うかもしれないけど、

ということです。

 

うむむむ、確かにそうかも…

 

そこで、金太くん、珈琲を淹れるときに

管をとおさない、ドリップ式の手作り珈琲の

星乃珈琲店に行ってみました。

 

ここもチェーン店ではありますが。

 

そこでブレンド珈琲を飲んでみると

う~んスタバとかとは比べ物にならないな…

めっちゃ美味い。

珈琲が減っていくのが、もったいない気分を味わいました。

なるほどなぁ、淹れる過程で、ここまで違うもんか…

 

しかし、星乃珈琲って、カツ丼まであるんですね。

そのセンス、割と好きかも…

喫茶店でカツ丼食いたくなることもあるかもね。

 

金太くんでした。

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年5月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:金太ッ記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ