中塚翠涛先生に雅号書いていただきました

秀雪
 

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

銀座ファミリアで中塚翠涛先生とお話出来た際、

金太くんの雅号を書いていただけることになりました。

 

書家が書家に仕事頼むって…

あまりないことだから、、「え~っ、なんかヘンじゃない?」

「自分で書いたら~」

とかおっしゃってましたが。

 

さっそくお部屋に飾りました。

ちょっとアンドロメダチックな浪漫を感じます…

 

この作品に、ハガキが一枚添えられておりました。

こーゆー心遣いが、皆に愛される所以。

朝23
 

裏面には、心温まるメッセージが。

中塚先生にお仕事を頼める機会って

今、お忙しいから、そうそうないので、ラッキーでした。

 

読んでるアナタも、中塚先生の作品、

お部屋に飾りませんか?

 

金太くんでした。
中塚先生の個展の記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年4月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:金太ッ記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ