ロキソニンの副作用、腸閉塞の報道について

ロキソニン
 

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

今、

ロキソニンを飲んで、腸閉塞になる可能性がある、という噂が、巷で広まっています。

今日、第一○共さんの、営業の方に直接、その件について尋ねました。

 

真相としては、そのようなケースは確かにあったそうです。

しかし、患者さんが死亡したケースはないそうです。

 

しかし、ロキソニンというのは、鎮痛剤ですが、

他の強い鎮痛剤、ボルタレン等には、重篤な副作用に「腸閉塞」という

ケースがすでに、明記されていたけれども、

ロキソニンには、副作用の項目に、今まで「腸閉塞」の記載がなかったので、

新たに記載しなければならなくなった、といことです。

 

つまり、言い換えれば、

ロキソニンだけが、副作用に「腸閉塞」というケースがあるわけではなく。

他の鎮痛剤全般にも、そのケースはありうる、という事です。

 

報道で、「ロキソニンに重篤な副作用、腸閉塞を記載する義務が生じた」

というのを、

ロキソニン=腸閉塞が起こる可能性がある、というふうに

一部分だけ、強調されて、世間に伝わってしまったそうです。

 

薬というのは、諸刃の刃なので、

副作用は避けられません。

鎮痛剤、解熱剤は、胃薬と一緒に飲まないと、

どうしても、全般的に、胃腸に負担がかかる、モノだそうです。

 

特に、長期間

服用すると、一見副作用の症状が出てなくても。

内視鏡で腸をみると、

びらん、つまりひだひだが出来てたりすることも、ままあります。

 

だから、ロキソニンを内服するのが、イヤ、という方は。

ロキソニンテープ等、外用薬を使用すれば、全く問題ない、ということです。

 

今回の報道で、ロキソニンがまるっきり毒だ、みたいな解釈は

間違っています。

子宮頸がんワクチンのほうが、よっぽど恐ろしいですよ。

 

金太くんって嘘つかない。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ