自分の嘘まで信じる人…それってビョーキですよね。

佐野千遥1
 

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

お友達が、裁判に巻き込まれている最中だというので、

その話題です。

金太くんは、それほど、被害にあってないのですが。

「黄金の金玉を知らないか」という超面白ブログをやっていらっしゃる

玉蔵さん。

http://golden-tamatama.com/blog-entry-2314.html

 

玉蔵さんは、貨幣経済は、一部の権力者にコントロールされており、

自分は、そんな連中の操り人形で一生を過ごすのは

御免だ!

という考えのもと、自分達で、食料も作り、

お金が紙くずになっても、へっちゃらな状態を作りたく、有志を集めて、

「疎開村」というものをやってます。

 

その活動の一環で

エネルギーをも自分達で作り出せれば、

外部から独立した平和な村ができるじゃないか、ということで

「フリーエネルギー」というものの技術を開発しようと、しておられました。

 

その関連で、「佐○ 千遥」というスミ○ノフ学派という

人が、「自分の理論と技術なら、フリーエネルギーが開発できる」

というので、

その開発費用を、出資していただくため、玉蔵さんが

ほとんどボランティアで、ブログとか、講座を開いて

1500万円、位集めました。

 

そこまでは良いのですが、

お金が集まったとたん、

この「佐○千遥」という人がおかしな言動を繰り返して、

玉蔵さんは、出資者の皆さんに申し訳ないので、一旦、出資金のうち、まだ残っている

お金を平等に、返還しました。

現在は、一部の運用された資金の返還を求めて、

裁判が進行中です。

 

ここまで読んで、玉蔵さんが、なにか悪いことしてますか?

・出資金が沢山集まるように、宣伝を手伝った。

・出資金の管理をしてあげた。

・開発が滞っているので、出資者に申し訳ないので、返せるお金は、平等に返した。

です。

 

一方、「佐○千遥」さんがやったことは。

・玉蔵さんに宣伝を頼んだ。

・実際は、理論だけで、エンジニア的に実現不可能な「絵に描いたモチ」をフリーエネルギーといっていた。

・当然、開発できないので、出資者の前から逃げた。

・「玉蔵」さんが、出資者のお金を横領しているとメチャクチャな、虚偽の訴えを起こした。

キチ外

 

普通に考えて、完全に佐○千遥、のほうが、おかしいですよね。

 

昔、はだしのゲンという漫画で

ゲン

病気のアメリカ兵の為に、薬草を煎じてあげた日本兵が

「草を無理やり食べさせられて虐待された」とアメリカ兵に訴えられたとかいう話がありましたが。

 

善意を踏みにじられた、という点で、似ていますよね、玉蔵さんのケースと。

 

玉蔵さんは、開発が上手くいかない、佐○千遥が、どうやら、「キ○ガイ」だということが判明すると、

すぐ、実際にお金を返金してくれましたし、何度も出資者に謝罪を

説明会やら、メールやらでしてくれました。

 

一方、佐○ 千遥。

説明会を一回もしない。

謝罪もしない。

玉蔵さんを極悪人あつかいして、

「ないこと、ないこと」をブログやら裁判やらで、一歩的にまくし立てているだけです。

 

ホントに、普通なら「あること、ないこと」で、嘘じゃない部分も、

人を陥れたい場合はあるものですが。

この佐○千遥のいうことは、

全く、事実無根なことを、まくし立ててます。

詳しくはこちらでどうぞ。

http://protest2sano.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

佐○千遥被害者の会。

 

人間、嘘ついているときは、自分が嘘ついているのをわかってますよね?

この佐○は、自分が完全に正しいと思っているフシがあります。

くわばら、くわばら。

今後、一切、この佐○千遥に、関わるのは

およしになったほうがいいでしょう。

 

知らぬ間に、犯罪者にされちゃいます。CIAの手先とか、共産党のスパイとか。

 

大体、この佐○のブログを読むと、

偏執的に、他人を攻撃しています。病的、です。ビョーキそのものってカンジ。

 

ちかじか、裁判の結果がでて、

この人がどうなるか、どんなことをいうか、

異常な精神というものの、学術的な研究になると思って、

金太くん、妙に楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年3月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:金太ッ記

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ