みよや、この和太鼓のスピリチュアルなパワー

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

先日、知り合いの方が、和太鼓の世界的な演奏を聴きに行って

「すげ~鳥肌がたったよ」

とおっしゃっておりました。

その方は、もろスピリチュアルな方で、色んなエネルギーワークに長けているのですけれど。

「気」の流れ。

を良くしたり、開発するには、鍼とかもいいのですけれど。

「音」

もっと突き詰めて言えば

「周波数」が最高に良いツールだということです。

金太くん、増川いづみさん、という高名な博士の講演を聞きに行って。

増川いづみ

やはり、会場で、太鼓、ドラの演奏がありましたが、とてもカラダにヒビキました。

この増川いづみさんは、周波数、でカラダの不調を治しちゃおう、という

サウンドヒーリングの第一人者ですよね。

実はこれ、近未来の体の治し方だって、確信をもっていう方がいます。

木内鶴彦さんです。

この方は、臨死体験を4回位されてまして。もう、死ぬベテランさんですね。

そのたびに未来に行ったり、過去に行ったりして。

地球の創成期や、未来の様子を見てきた、というとんでもない方ですけれど。

近未来では、医者も病院もなく。

病気はすべて、「周波数」を患部に当てて、治していたのを見てきた、というのです。

理論的には「共鳴」の考え方のようで。

「音が小さくなっている音叉」に「音を出し始めた直後の音叉」を近づけると。

「音が小さくなっている音叉」の音が、大きくなってくる、というような現象をイメージすると解かりやすいそうです。

「異常な振動を起こしている細胞」に「正常に戻るような周波数」を当てていると

「健常な細胞」に戻る、というのですね。

そんな未来が早く訪れるといいですね…

それでは、今日の本題、和太鼓の動画をご覧になって、

カンジてください。

金太くんって、嘘つかない。

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ