花の美術館、記憶に残る小淵沢

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

 

初対面の人に、「前世で会ったことあるわね」

と言われたことがありますか。金太くん、はあるんです、実は。

 

そして、普通そんなことを言われたら、

「なにか、霊感商法か、宗教か…」と危機感を感じますよね。

しか~し「ああ、そうかも…確かに前世で会ったことがある気がする…」と納得しちゃったのです。

 

あの時。

そう。単身、なにか急に思い立って、小淵沢の花の美術館を訪れた時…
花の美術館

ここの館長さんは、水木鈴子先生。

知る人ぞ知る、偉大なる人物なのです。

 

各国から、要人が水木先生を慕って、わざわざ会いに来るほどの人です。

皆さんが知っている、有名人では。

松○ 修造さん。

 

小淵沢の近所に別荘のある、宮崎 駿さん。等が、「水木先生、水木先生」と花の美術館を訪れます。

教えを乞いに。

花の美実館
「画家さんなんでしょ?水木鈴子先生って。絵を習いに皆さん、会いに行くの?」

と思われるかもしれませんが、

水木鈴子先生は、素晴らしい画家さんであると同時に、偉大なる哲学者、人類全体の母親、のような存在なのです。

 

人類全体の母親、なんてピントこないでしょうが、

もし、地球が、我々のような、意識を持った生命体だったとしたらどうでしょうか?

地球上のすべての生命をはぐくむ、まさに、偉大なる母親でしょう。

地球

そして、その地球の意識にシンクロして、様々なメッセージを受け取っている人がいたとしたら…

人類全体の母親、といってよい気がしませんか?

 

水木鈴子先生はまさに、そういう、能力者なのです。

 

元から、そういう能力があったわけではなく、

若いころ、飯能のほうで、悩みのある人の相談を受ける仕事をされていて、

長年、水木先生自身の食べるものがなくなろうが、なにしようが、

困った人の為に、身を削って救済活動をされているうちに、第六感というべき能力が、強く、強~くなっていったのだそう。

 

水木鈴子先生の偉大さについては、色々な人が書いたブログがありますので、是非見てください。

あの、超人気ブログ、天下泰平の滝沢泰平さんも、水木先生を尊敬されている方の一人です。

 

私が、花の美術館を訪れた時。

普段は、忙しく世界中を飛び回っている水木鈴子先生ですが、その日は花の美術館に、たまたまいらした。

なぜかというと、たまたま、お孫さんが、息子さん夫婦と、遊びに来る日だったそうです。

金太くんにとってはラッキーでした。何度も来て、一度も水木先生に会えない人は結構います。

 

まぁ、いきなり、前世で会った、というようなことを言う人だとは知っていましたが。

自分が、そのケースにあてはまるとは、思ってもみませんでした。

水木先生が、奈良のほうで、皇后だった時。

ご主人の天皇の、目の病気を治したくて建立した寺院の。

僧侶だったことがあるそうです、金太くん。

 

「奈良時代に頑張ってたから」

という理由で。

小淵沢の美味しい、ホントに美味しいお蕎麦と。

びっくりするくらいの、薫りがいいコーヒーをごちそうになって。

おまけにもちきれない位、お土産をいただき、恐縮でした。

 

金太くんの、一番印象に残っているお土産は。

花の美術館の周りに自然に生えている、山菜、でした。

薫りと、風味が、ハイパーなカンジで、その場でしか、味わえないものでした。

 

あ~懐かしい。

小淵沢は、空気と、その土地の磁場が、強烈にいいところなので、

皆さん、是非、訪れてください。

南アルプス

あなたも、ひょっとしたら、前世で、水木鈴子先生にあっているかも…

金太くんって、嘘つかない。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ