アクセスバーズってなんじゃらほい

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

手に職があったらな~

と良く思いませんか?

金太くんは、加賀友禅とか、宮大工とか

加賀

伝統工芸には、昔、大変興味がありました。

若い頃って、スポーツが好きな男らしい人は、

誰よりも上手くなりたい、自分が一番、

誰にも馬鹿にさせない、っていう気持ちでしょうけど。

文化的なものが好きな人は、

「自分のスタイルが何かで出来れば、他人と競争しなくても、皆が1番」

「勝負事って、勝つのも、負けるのもめんどくさい」

とかなんとか思って、一人の世界を追及したりします。

金太くんは、文化的な方でした。

しかし、伝統工芸とかの世界って、

のほほんとした性格の金太くんでは、とても続かない、キビシイ世界だって、じわじわとわかってきて…

その道には行きませんでした。

だけど、その手に職をつけたい、という気持ちが、時々、虹が出てくるように

たま~にですけど、まれにですけど、心の中に浮き上がってきます。

そんな心持ちの時に、アクセスバーズの事を知り、

「1回習えば、プラクテショナーになれるのか…レイキよりいいかも」

と思って阿佐ヶ谷のハートシードさんに習いに行きました。

スピリチュアル関係の技術って、他のものは、習うのに、期間とお金がかかっちゃいますから。

前世療法とか。

ヒーリング気功とか。

宮崎ますみさんに、金太くんだって、ヒプノセラピー習いたい、だけど時間がないのよ~

真澄

そんな都合のいい考えで習いに行ったアクセスバーズ。

結果からいって、

「むちゃくちゃ、なにか不思議なチカラがあるな、これ。習って良かった」

と思いました。

アクセスバーズの概要は以下の引用で。

akusesuba-zu

創始者のギャリ―ダグラスさんは、1990年にチャネリングで、地球外の、叡智がある存在から、これを習ったという話。

頭にある32のポイントはこんなカンジ

アクセスバーズ

習いに行くのをためらっている人に聞くと、

「自分が32のポイントを正確に押さえられるようになれるかなぁ…」

と思っている方が多いみたいですが。

子どもでも出来るし。

こども

なんとなく、ここらへん、ってやっているうちに、ジャストフィットの場所に指がいくようになるから、不思議です。

特に阿佐ヶ谷では、練習、アクセスバーズ受ける方、施術するほう、各2回できますから、

お得で、面白いですよ。

一緒に勉強する人も、こういうの習いに来る人達だから、優しい、ユニークな人が多いし。

そうそう、実際、金太くんがアクセスバーズを受けた時のカンジは。

「頭の中のスペースが広がるカンジ」

「脳みそがスッキリ、他のカンジで例えると、鼻が通るような、便秘が治るようなカンジ」

でした。

しかし、

金太くんアクセスバーズを受けて、

キ○ンタマが痛くなったんだよな…これってなんなんだろうか…

金太くんって嘘つかない。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ