デブトレFx 元みずほ証券凄腕トレーダー森田真之監修 内容検証 稼げる?稼げない?

デブ採れFx

デブトレFx 元みずほ証券凄腕トレーダー森田真之監修 販売元情報等

販売者 合同会社カノーブス 森田真之(デーブ森田)
公式サイト http://davetra-fx.com/
販売ASP インフォトップ

デブトレFx 元みずほ証券凄腕トレーダー森田真之監修 内容検証

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

金太くんはFxは、諸刃の刃だから。

つまり、ハイリスクハイリターンだから。

リスクコントロールを一番重要視します。人間、勝っていると、ホントに知らず知らず、用心を忘れるのです…

ゴルフは上がってなんぼ。

南畝

麻雀も、最後に勝ち逃げできるか、が重要ですよね。

スーパースター新庄さんなどは、役満しか狙わないので、麻雀では、最終的には、負けてばっかりだったとか。

役万

ファインプレーが多い選手は、ホントは名選手じゃない、っていうでしょ。

エラーを少なくするには、派手に見えるようなプレーをする状況に、ならないようにするから。

観てる分には面白いけど。ファインプレー。

ファイン

そこで、この

デブトレFx のFX手法を見てみると。

一切ムリすることなく、月単位、年単位で勝ち続けるメソッド、と謳っていますね。

大概のFx商材は、手法を、広告の段階で公開することは、ありません。

派手な、非現実的な、煽り文句でその気にさせて、

「手法を知りたいなら、買ってね!」

ということになります。

その点で、このデブトレFxは。

手法が実績に裏付けられた、自信をもって奨められるものだということになります。

公開しても、それで、購入する人が減る恐れがない、ということですね。詐欺商材と違って。

具体的には。

ドル、円ではレンジ用、逆張りインジケーター

NYダウでは、トレンド用の順張りインジケーター

つまり、レンジ相場、トレンド相場の状況に応じて、逆張りと順張りの両方に対応した手法です。

要は、ドル、円とNYダウのチャートを見ると、うねうねがそっくりだから、

(ドル、円とNYダウは相関係数が85.)

相場がどっちに動いても、必ず、利益が出ていることになります。

うねうねが、全く違うチャートだと、こんなことは出来ないですよね。

勿論、+よりーが多くなれば、損失が出ますけど。

この手法は、相場の先行きを予想して、ヤマカンですべてをそこに賭ける、という手法と真逆です。

相場の先行きが見通すのが、一般的には難しいから、大負けするリスクを、極力減らそう、という手法と言えます。

サポートも、宣伝通りなら、すごくしっかりしていることになるし、

リスクコントロールに凄く気を使っているので、お奨め。

なにせ、今、大手の証券会社では、人工知能を使ったトレードをしているので、

一般人が、大きく勝とうとするのは、とても危険です。

あなた、人工知能の裏をかけますか?かける自信がないなら、

「勝つ、取引よりも、負けにくい取引を」

詳しくは

http://seoption.info/archives/974

のホームページで見てください。

金太くんって、嘘つかない。

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ