グレゴリーサリバンさんの、CE-5コンタクトってなんじゃらほい

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

以前、スティーブングリア博士のCE-5コンタクトの記事を載せました。

アメリカまで行けば、CE-5コンタクトに参加できるの?

と質問を受けましたので、

日本でも、割かし、頻繁にやっているよ~

と答えました。

えっ、グリア博士って来日しているの?とも聞かれましたが、

日本での、CE-5コンタクトは、

グレゴリーサリバンさんが主宰しているよ、と答えました。

ミスター・グレゴリーサリバン。

サリバン

JCETI(ジェイセッティ)、日本地球外知的生命体センターという組織を立ち上げて、

日本各地の、UFOが出現してくれやすいスポットで、

一般人の参加者を募り、夜な夜な、UFOとコンタクトを取っております…

夜な夜な、なんていうと、オカルト好きな変人ばっかり、あつまって、

どこかの宗教団体の集会?みたいで、恐ろしい、気持ち悪いんじゃないか

とご心配のあなた。

そーゆームードじゃなく、どっちかというと、ボーイスカウトの集会のような、

アウトドア好きのキャンプのような、

健全でアカデミックなカンジですから、安心してご参加下さい。

もともとJCETI(ジェイセッティ)、の活動の目的は、

地球外の知的生命体の知識を、正しく持ってもらいたい、ということですから。

金太くん、サリバンさんのCE-5コンタクトに、出たことあるんだ?

あります。何度か。

そこで、ホントにディープなコンタクトを経験しました。

 

始めは、富山県の立山連峰。

立山

実は、金太くん、富山県の出身で…

スティーブングリア博士のポリシーを受け継いだ、サリバンさんという人が

日本でCE-5コンタクトをやっていると聞き、

以前から、グリア博士を、いたく尊敬していた金太くんは、

矢も楯もたまらず、参加したのでした。

初の地球外生命体とのコンタクトを。

生まれ故郷の富山県で。

そう強く願い、いそがしい、仕事の合間をぬって参加しました。

立山のみくりが池の宿につくと、

そこには20名近くの、モノ好きな、いや、探究心に溢れる方々が

眼をらんらんと輝かせ、集まっておりました。

中でも、ひと際目立つ、風采のかたが一人。

コバシャーる

右側のソバージュの方。

小林聖知さん。

通称、コバシャールさん。

立山のCE-5コンタクトのあとで知ったことですが、UFOに搭乗経験がある方だそう。

上の真の左側の人は、スピリチュアルな話題が好きな方は、皆ご存じのダリル・アンカさんです。

そう、コバシャールとは、バシャールと、小林、をちょっと、もじったものですな。

コバシャールさん、サリバンさんが主宰のCE-5コンタクトでしたから、

かなり、控えめにされていました。

金太くんが食事の時、

「なんだか、凄く細いのに、すっごーく、スポーツが出来るカンジで不思議ですね」

とか失礼なこと言ったのに、全然怒らず、穏やかな方でした。

これも、あとで知ったことですが、コバシャールさん、芸大のスキー部の主将だったそうです。

不思議な魅力のある方です。

コバシャールさんに限らず、集まったツワモノどもは、

過去に何度かコンタクトに成功した方が多数。

「これは、成功するな、」直観で強く思い、

夜遅く、みくりが池の見晴らしのよい場所で皆で円陣を組み、

音、と光、それから、一番大事な「意識」でコンタクトを取る試みを始めました。

しばらくすると、

山の中腹に、世にも美しい白光が出現しました。

…その時のカンジは、興奮するカンジではなく

「やっぱり、宇宙には兄弟達がいたのね…」という、静かな、感動でした。

「私たちは、独りぼっちじゃなかった…」

涙があふれました…

その最初のコンタクトを皮切りに、3時間以上、

延べ、30回以上のコンタクトに成功しました。

どんな感じの光か。こんなカンジです。

グレッグ3

グレッグ4

地球外の生命体が

「さっきのは、見えた?じゃあ今度はこんな風に出てみるよ。見えるかな?」

とか、子ども同士でじゃれあっているカンジもしましたね…

昔ながらの、飛行物体で上空に2機、ゆったり飛行するのも見ました。

楽しかったな…

あの時一緒だった皆、どうしているかな…と今思い出して、懐かしくなっています。

いかん、いかん、大分長くなってしまったので

又、今度。

とにかく、UFOを信じているけど、

職場で話題にできない方。

自分と同じ考えの人が、周りにいなくて、ツライ方。

グレゴリーサリバンさんのCE-5コンタクト、一生の思い出になりますぜ~

グレゴリーサリバンさん2

金太くんって嘘つかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年11月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:不思議な話

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ