佐藤清って誰じゃらほい

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

私は、気骨がある方を尊敬します。

今日紹介するのは、モロにそういう反骨精神の、富山の針の先生である佐藤清先生です。

私は、どうしても救いたい癌になっちゃった人がいて、

色々なメソッドを自分の眼で確かめようと、日本全国駆け回りました。

そんな中出会った中で、個人的に、ピカイチの、頼もしさをもった方が、

この佐藤清先生です。

佐藤清

もともとは、富山の鍼の先生です。北陸で一番の鍼師と、その名は轟き、1日で、300~400人の患者を診ていた時期もあったそうです。

有名なところでは、巨人軍の松井秀喜選手の膝の、棚障害と呼ばれる不調を治療しました。

まつい

ダライラマが来日されるときは

「キヨシは、今、どこ?治療してもらいたい」と佐藤清先生の所在を確かめられるそう。

ダライラマ

ゴルファーのセベバレステロスも、佐藤清先生の腕前に心底ほれ込んでいたとか。

セベバレステロス

「鍼って腰痛とか、怪我とか、整形外科的なモノを扱うんじゃないの?癌と関係あるの?」

という疑問が沸き起こってくるかもしれません。

関係あるんです、これが。

佐藤清先生の理念はスケールが大きく、日本国、の行く先まで視野に入れております。

今の医療費は、39兆円を超えて、間もなく税収を超えてしまいます。

このままでは、医療費だけで、にっちもさっちもいかなくなります。

そこで、癌等、重い病気を含め、なるべく病院に行かずに、自分で自分や、家族を治療できる人を増やそう、

そうすれば、無駄な医療がなくなり、医療費削減が実現する。

という思いにいたり、

自分の神業レベルの鍼の技術を、

マニュアルに沿ってやれば、それこそ小学生でも出来るくらい

簡単に再現できる、治療メソッドが実現できないか?

と探究されて、見出したのが、「テラヘルツによる治療」というものでした。

テラヘルツ?何それ、岩盤浴?

という疑問が沸き起こってくるかもしれませんが…

佐藤清先生のテラヘルツ治療

長くなりましたので続きは又、今度。

金太くんって、嘘つかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年11月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康な話

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ