User Contents Search ユーザー・コンテンツ・サーチ Web Culture Service(ウェブ・カルチャー・サービス)加藤理人

コンテンツ

User Contents Search ユーザー・コンテンツ・サーチ 販売元情報他

販売者 Web Culture Service(ウェブ・カルチャー・サービス) 加藤理人
販売HP http://user-contents-search.net/
販売ASP インフォトップ
ツール価格 5,480円

User Contents Search ユーザー・コンテンツ・サーチ Web Culture Service(ウェブ・カルチャー・サービス)加藤理人 内容検証

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

金太くんは、こーゆーサイトをやっているから、

サイト運営に役に立ちそうなツールには凄く興味があります。

最近購入したものですっごく、良かったものは

「鳳凰」という、YOU TUBE 作成のお助けツール。

自分の作った動画が、グーグルの検索エンジンの上位に、ほんの数時間(3〜4時間)で表示されたのは初めてでした。

SEO対策が素晴らしい。グレートです。

ただ、「鳳凰」は「質」が良くない動画でも、検索エンジンの上位に

ランクキングされてしまうので、「質より量」といって割り切ってしまうところには、

「?」が湧きます。ある程度は、視聴者の満足度を考えて、

視聴者が楽しくなる動画を作る、センスは必要になってくると思います。

今月から、「鳳凰」、大々的に売り出すそうですので、

又、、後日紹介したいと思います。

検索エンジン対策は、「奇跡的」な機能を備えてます。ホント―に素晴らしい。

 

…話がそれました。

今日内容検証するのは、

User Contents Search ユーザー・コンテンツ・サーチでしたね。

セールスレターや、動画を見ると、

凄く買いたくなります。

やはり、世間のトレンド、どういうものが今、求められているのか。

随時、逐一、知ることは、最重要なことだと思います。

もし、あなたが、トレンドアフィリエイトをされているのでしたら。

自分が興味あるものと、世間が求めているものは違います。

物販アフィリエイトをしていて、

こんなものが、受けちゃうのか…世間の趣味はわからん…

という、一種のカルチャーショックを受けるのは、皆が通る道だと思います。

そこを割り切って考えなければ、サイトを訪れる皆さん本位の、サービスになっていかないんですよね。

このUser Contents Search ユーザー・コンテンツ・サーチは、

一つのキーワードを、複数の視点で眺められるので、

記事に、厚みが出てくると思います。

「主観」を抑えて「客観」で記事を書くために、

色々な裏のリサーチが必要になってきます。

その機能を十分なほど備えている、User Contents Search ユーザー・コンテンツ・サーチ

は素晴らしい、と思います。

価格も機能に比べて、安いですし。

しかし、トレンドアフィリ以外のサイトの運営をされている方には、

こんなにスペックがあるものは、あまり必要ではない、と思います。

ですから、トレンドアフィリ的なサイトをされている方には

お奨めのツールです。

金太くんって嘘つかない。

 

 

 

 

 

 

 

 
~私が学んだネットビシネス塾紹介~

高額塾なんて入らなくても大丈夫!
 ・・・・。・最も効率的に
・。・  稼げるネットビジネスは
 アフィリエイトです!!!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※副業専業共にOK! パソコン1台で稼げます※
※あなたが稼げるまで安心の責任指導※
※今からスタートの後発組でも大丈夫※

ネットビジネス無料
がんちゃんセミナー
を開講中です。
在宅で月収100万円のノウハウを伝授!!
・・・・・↓クリックしてね↓
http://ganchan996/dairiten2/

女性会社員
初心者向けの優しいカリキュラムです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

がんちゃんセミナーへのお申込は

・・↓↓こちらをクリック↓↓

1学期ボタン

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. Kiersten より:

    Kiersten

    User Contents Search ユーザー・コンテンツ・サーチ Web Culture Service(ウェブ・カルチャー・サービス)加藤理人 | 情報商材切り捨て御免〜金太くんって嘘つかない

コメント


このページの先頭へ