西洋医学だけが、癌の治療法ではない、というお話。

世にも美しい
皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

今日は以前、調べてて、感銘を受けた癌の治療法を紹介します。

実は、以前、金太くん200床くらいの一般病院で、勤めていたことがあります。

癌の患者さんも、沢山いました。

私の見た感じでは、

抗がん剤治療を、している患者さんは、

「足裏」から、異様な匂いを発していました。

今考えると「死臭」というやつだったのかも。

日に、日に、生きるエネルギーそのものが、急激に失われていくカンジした…

又、抗がん剤治療をしている患者さんの排泄物を、清掃する、

ヘルパーさん達は、「福島第一原発の作業員?」と思うくらいの、
清掃員

コスチュームを着させられて、飛沫を体に受けた場合は、

気が狂ったように消毒させていました。その病院の院長が。

つまり、抗がん剤は排泄物でさえ、毒のように、身体に悪いものだと、認識している、ということです。

別に西洋医学の批判をしたいわけではないので、このへんでやめておきますが…

以前、私は、癌とは「食べ過ぎによる、血液の汚れが、大きな原因である」と思っていると書きました。

又、低体温が、癌を増殖させると。

その説を、唱えている、代表的な方は

医師の、石原 結實先生です。

石原先生のクリニックとか、治療の為の合宿では、

食事制限、食事療法がメインのメソッドです。

特に、生姜紅茶は、カラダを、内臓を温めてくれるので、素晴らしいと。
生姜

そこで、冒頭のイラスト

この方は通販業界では伝説的な業績を挙げた方だそうですが、

余命宣告を受けたけれど、

西洋医学とは別のメソッドで

見事回復されました。

以下は、この方のホームページをご覧ください。

http://murakiterumi.com/cancer

金太くんて、感動しました…

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年10月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康な話

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ