アスパルテームのコワーイ話ご存じですか?

皆さんご機嫌いかがですか~

金太くんは大丈夫です。

私は、「体こそ、一番大事な資本」だと思ってます。それで、健康をキープするための話が好きなのです。

アスパルテーム?何それ?っていう方は

今日、この人工甘味料についてのコワーイ話を知れてラッキー

と思ってください。

ダイエットコーラとか、ゼロカロリーコーラに含まれてます。

ボトルの裏の表記を見るとわかります。

摂取すると、結果的に、

精子の数が激減したり。

腎機能障害を、引き起こす恐れがあるんじゃないか?

とか色々な指摘がなされてます。

以下は池田医師というかたの発表と見解。

アスパルテーム入りのコカコーラを水代わりに
飲んでいた男性で、精液中の精子が激減した
患者さんを診たことがあります。

顕微鏡の視野に1匹しかいませんでした。
しかも、動いていない。その日から、コカコーラを
お止めいただいた。回復するのには1年かかりました。

甘い猛毒ですね。でもまた回復するようじゃ、
手ぬるいのではないのでしょうか? いけないなあ、
またすぐに相手に気持になって、考えちゃう癖がネ。

しかし、5年10年と飲み続けたら、不可逆的に
なるかも知れませんね。造精機能を失ってしまう
可能性はありますね。

ひえ〜 恐ろしい。

又、フロリダ州とかの、家の中にアリやゴキブリが入ってくることが多いところでは〜

アスパルテーム2

殺虫剤かわりに使われてます。

普通に考えると、

「大企業が、そんな危険なモノ売るわけないじゃん」

とかって思いますが。

このアスパルテーム、認可を受ける過程に「どす黒い政治的なお金儲け」が絡んでいるのです…

だ・か・ら・危険なモノが大手を振って、流通出来ちゃってるんです。

砂糖の200倍の甘さを持つ物質、アスパルテーム。

サール社が、胃潰瘍の薬の開発実験中、偶然発見されたこの物質は

1973年サール社は、認可申請をしますが、色々な健康障害を引き起こす恐れが強いので、

FDA(連邦医薬品局)や、科学者達は、良識的に判断し、8年間認可が得られませんでした。

しかし、ラムズフェルトという政治家が、どうしても、アスパルテームの認可を得たくて、

自分の息のかかったアーサー・ヘイズという人を、認可する役所、

FDA(連邦医薬品局)局長に指名して、

無理やり、話を通してしまいます。

それ以来、なしくずし的に、関連規制が緩められて、

今では、ぞっとするくらい、色々なモノに使われています。

すでに、健康被害が、ダイエットコークのせいで、続出していて

350億位の損害賠償の裁判が、コカ・コーラ社に対して行われているそうです。

 

飲む前、食べる前には、なにが含まれてるか、知りましょう。

金太くんって嘘つかない。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年10月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:健康な話

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ